一度耳が聞こえにくくなったら、もう治らないのでしょうか? 耳の聞こえにくさが治るかどうかは、難聴の原因や症状によっても違います。 とは言え、耳が聞こえにくくなった場合には、少しでも早く診察を受けて、適切な治療を開始する必要があり、放置していると手遅れとなってしまうことが多いでしょう。 難聴には様々な種類がありますが、若い人に多く見られる突発性難聴の場合も、手遅れになると最悪の場合は完全に聞こえなくなってしまうこともあります。 耳が聞こえにくくなる、いわゆる難聴という症状は、どんな種類の難聴であれ、治療が難しいと言われています。 でも、だからといって放置したのでは、進行を早めたり、完全に聞こえなくなってしまうリスクも大変高くなってしまうでしょう。 治療困難だとしても、少しでも進行を食い止める必要がありますから、耳が聞こえにくいと感じたら、一刻も早く専門の病院で診察してもらうことが重要と言えます。 たとえ加齢が原因となる老人性難聴の場合でも、決して放置せずに専門機関で診察を受けてください。